アロマを使う方法

私は軽い発達障害を持っていまして、睡眠の質がかなり悪い方でした。どうしたら次の日が気持ち良く過ごせるか考えたときに母親からアロマオイルを進められました。

交感神経と副交感神経の二つの神経がバランスをとりながら働いているので、落ち着いてリラックスしているときに働く副交感神経が優位になったときに眠りに入りやすく、交感神経が優位になった時は眠り図楽なります。

私の場合そのバランスが夜になると逆転してしまい、なかなかリラックスできませんでした。なのでアロマの香りを嗅いで脳に働きかけ、リラックスできれば副交感神経を優位な状態に持っていけると思いました。なので試してみると私の場合は効果がありました。寝る前だけではなく仕事の前に車でコットンに湿らせたアロマオイルを嗅いで落ち着かせてから向かいます。

そして香りも何種類もありそれぞれ効能が違うので、場面場面に合わせた選択をして1日を通してアロマで自分の神経をコントロールします ??。午前中のオススメはゼラニウム。気持ちを前向きにしてくれます。

目を瞑って嗅ぐと分かりますが気持ちが変化します。寝る為だからと思っても1日をトータルして香りでコントロールすれば意外と家に着くと落ち着いています。もちろん寝る前にも嗅ぎますが。もう一つ、バスタイムの時に湯船にアロマオイルと重曹を混ぜ合わせ入れます。

この時選んでいた香りがラベンダーでした。心を落ち着かせる作用があります。お風呂に入ると血行も良くなりますし自然とリラックスします。そこにアロマが加わることでさらに副交感神経を優位に立たせることが出来ます。

私の場合は風呂から上がりベットで休憩した時点で眠くなっていました。最後に布団に入りコットンにオイルを湿らせ目をつむりながら嗅いでリラックスし寝るというスタンスを取っていました。この時はラベンダーとゼラニウムを混ぜていました。

一番いいのは自分の好きな香りを作ること。効能を知ること。香りの力は絶大です。好きな人の香りって落ち着きますよね、それと同じだと思います。以外と安眠できます。